♪再録・魔法の藤本陽一

2019年10月14日(月)
【幸せと新曲(2015/05)】
みなさんのバンド(ソロやユニット)、あるいはみなさんが追いかけているバンド(ソロやユニット)のライブは新曲で盛り上がるでしょうか?

唐突な質問ですが、最近ふとそんなことが気になりました。

結成当初やデビュー当初からのファンの方は、初期の曲には格別な思い入れがあるかも知れません。それに応えることはパフォーマーとして非常に大切なことです。途中から新しくファンになった方は初期の曲に対しての感じ方は違うかも知れませんが、やはり大切な曲であると思います。

ところで、規模の大きい話になりますが、活動期間が長く世界的にも有名なバンドの曲というのは、初期のものが歴史的な名曲として扱われることがあります。もしかしたら、時間をかけて評価が固まったために名曲として扱われることで名曲と感じられる効果があるのかも知れません。本当は新しい曲にも結構いい曲があるのに、歴史的な名曲の存在が大きくなり過ぎて新しい曲の良さが感じられなくなっているのかも知れません。そういう意味では世界的なバンドは大変なんだろうなぁと思いますし、その大変さを僕なんぞが想像してもきっとそれは当たっていないでしょう。

しかし、ライブで歴史的な名曲を演奏して確実に盛り上がる・・・それはパフォーマーとしてはハイレベルに違いありませんが、初期の曲ほどには新曲を喜んで貰えないのは、果たしてクリエイターとしては幸せなのでしょうか?

新曲とそれ以前の曲の盛り上がり方を歓声の量だけで比較するのはあまり意味がないかも知れませんが、味わいや楽しみ方は違っても、新曲も負けないくらいに愛されることが大切なのではないか?その点においては、歴史的な名曲を残していない僕は幸せなのかも知れません。何故なら、クリエイターとして前に進むのに邪魔になる足枷がないからです。

改めてお聞きします。

みなさんのバンド(ソロやユニット)、あるいはみなさんが追いかけているバンド(ソロやユニット)のライブは新曲で盛り上がるでしょうか?

盛り上がれるとしたら、パフォーマーとしてもクリエイターとしても凄く幸せなことなのだろうと思います。僕もそのつもりですが、みなさんも是非この幸せを改めて噛み締めて頂きたい・・・そんな風に思う今日この頃であります。


[コメントする]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++